数多くあるカードローン・キャッシングの中から何を選べばお得なのか?

自分にはどのカードローン、キャッシングがあっているのか?

自分の借入は、どの方法がお得なのか?

カードローンかキャッシングなのか。

どの会社から借り入れをして、返済することが合っているのか?

家族に内緒で借り入れをしたい方、他社から借り入れをしており、もうどこも貸し付けをしてくれないと悩んでいる方

そんな悩みをお持ちの方は「Debt-Navi」から検索してください。

きっと、あなたに合った借り入れの方法が見つかります。

何故なら、私自身が債務整理経験者で、今でも借り入れをして頂けている現実を知っているからです。

カードローンの違い | そもそも借り入れる会社で違いってあるの?

よく巷で言われている借入(サラ金、クレジット)会社には、銀行系、信販系、消費者金融系と違いがあります。

消費者金融にも大手消費者金融、中小消費者金融、そして地方消費者金融「いわゆる街金」などがあります。

そもそも、呼び方の違いは何なのか?

呼び方は違いますが、ハッキリ言ってしまうと、大きな違いはそこまでは無いです。経営母体がどうか、などの違いで呼び方が違うだけ、とも言えます。

クレジットカードなどに比べてしまいますと、大きな違いはあまりありません。

ですが、あまりないだけで、細かいところには、違いは多くあります。金利が少し違うなどがありますね。

この小さな違いで、大きな差が生まれてきてしまうのがローンです。

金利が1%でも違うと、1年間で大きな金額の差にもなりますし、 審査基準がちょっとでも違うだけで、そもそも借りられなくなってしまう場合もあります。

一般的には、銀行系>信販系>消費者金融の順番で審査基準が厳しく、借り入れをする際にキビシイ審査が待っています。

一方で、それに比例して延滞時の督促も少ない、利率も低いと言われております。

本当にそうなんでしょうか?

カードローン | 実際には個々に違う貸付条件と契約条件

そもそも銀行系と消費者金融系の違いは何でしょうか?

近年では、消費者金融会社を銀行グループの傘下に入れている都市銀行もありますね。

これは、銀行にとっては、金利で稼げるというメリットもあり、グループ企業にしているということです。

カードローンは、銀行(都市銀行・地方銀行、信用金庫)や消費者金融など、さまざまな事業者で取り扱いがされています。

自分に合ったカードローンを見つけるには、銀行のカードローンや消費者金融、そして信販会社が提供するサービスの特徴を知り、比較検討することが大切です。

銀行系カードローンとはどういったものか

多くの場合、銀行などの金融機関が発行しているカードローンを銀行系と言います。

都市銀行だけでなく、地方銀行やネット銀行などでもカードローンが提供されています。

銀行では住宅ローンやマイカーローン、目的別ローンなども取り扱いされていますが、使いみちを問わないローンとしてカードローンが提供されています。

銀行系カードローンは、総量規制の対象とならないことが大きな特徴です。

※総量規制とは、借りすぎないように、借入限度額を原則、年収などを基準として、その3分の1以内とする規制のことです。

そのため、すでに総量規制に該当している方や、専業主婦の方が、銀行系カードローンを選ぶことが多くなっています。

信販系のカードローンとはどういったものか

多くの場合、信販会社やクレジットカード会社が発行しているカードローンを信販系と言います。

信販会社とは、クレジットカードやローンなど販売信用を行う会社のことで、顧客の信用をもとにサービスや商品を立て替えて支払い、後から顧客に利用代金を請求しています。

信販系カードローンは、クレジットカード会社や信販会社独自のサービスが付加されていることもあります。

消費者金融系とはどういったものか

多くの場合、消費者金融が発行しているカードローンを消費者金融系と言います。

消費者金融とは一般の個人に対して小口融資を行う業者のことをいいます。消費者金融は、キャッシングなどローンサービスのみを取り扱っていることがほとんどです。

消費者金融系カードローンは、ローン契約機の設置など、ローンサービスの提供に特化していることが特徴です。

ATMの横に、ローン契約機がある金融機関も見かけますね。

カードローンやキャッシング | ではどこで借り入れをするのが一番お得なのか?

やはり、銀行系カードローンで借り入れが出来れば、一番お得だと思います。

それも大手銀行系カードローンで、低金利で借入をすることが、おススメです。

銀行カードローンといえば、低金利、口座が同じなので非常に便利、安心、限度額大きく使いやすい、等の消費者金融系のキャッシングやカードローンに比べると大きなメリットがたくさんあります。

ですが、その反面、審査自体も厳しいのは、お申込みされたお客様ならお分かりかと思います。

金融ブラックでは、銀行系カードローンの審査突破は、きびしいと言えます。

自分が金融ブラックかどうかは、CICなどの情報を取得して、確認してみてください。

本人であれば、簡単に情報が取れます。

※CICとは、消費者のクレジット履歴や各種ローンの利用に関する、信用情報の収集・管理・提供・開示を行う信用情報機関です。

では、その厳しめの審査にどうすれば通るのか?

それには、まず、以下の基本的な条件を抑えてください。

1. CICなどのクレジットヒストリーを確認し、ブラック認定されていないか確認する。

2. 自分の与信範囲内のカードローンに申し込む

それぞれのカードローンには申込基準というものがございます(主婦も大丈夫、前年度年収200万円以上、安定した収入があれば大丈夫など)。

その基準に満たした銀行カードローンのみをお申込ください。

基準に満たない場合はどんなに頑張っても審査には通りません。

3. ご自分のその他のカードやローンの利用状況をご確認ください。

銀行カードローンですので、お客様の銀行口座情報をいつでも見ることが可能です。

ご融資するので、もしお金が全く無いような状況が見て取れる銀行口座ですと、不利になってしまう場合もあります。

よく使っている、安定している銀行口座をお持ちならその銀行カードローンを、もし不安定な口座でなら、別の銀行カードローンをお申込いただくことが得策でしょう。

基本的には、皆様が利用されている銀行でカードローンをお申込みすることをオススメいたしますが、 CMなどでも最近、別の銀行を使っていても大丈夫などの、お客様の取り込みも積極的に行っておりますので、別の銀行のカードローンをお申込になっても問題ないでしょう。

過去に金融事故歴(任意整理や自己破産、支払遅延)がある場合にはどのようしたらよいのか

私は、任意整理をした過去があります。ローンの支払遅延も何度かしたことがあります。

実は、昔、携帯電話を分割で買い、その返済月数千円を何回か遅延し、督促にも回答していなかったのです。

携帯電話の分割払いなんて、金融事故にならないとタカをくくっていましたが、そこが落とし穴でした。。

みなさま、十分に気を付けてください。CICなどにバッチリ事故履歴が、記録されていますよ!

携帯電話の分割払いは、割賦契約というクレジット契約の一種なので、支払遅延は、クレジットカード代金の支払と同様に、個人の信用情報に記録されます。

学生時代に、これをやってしまうと、社会人になってからクレジットカードなどを作れない可能性が高くなります。

こんなこと、学校で習いませんよね。。知らないということが、どれだけ怖いか、です。

任意整理したあとの借入は、どうすればいいのか

任意整理をしたその時は、二度と借り入れをしない、絶対に現金収入を上回る支出はしない、必ず返済すると誓って生活をしてきました。

ですが、現実は甘くなく、その夢は、儚く散ってしまいました。

これを読んでいるみなさま、借りないと心に誓っても、誘惑に勝てない、借りないと仕方がない生活状況に陥るなど、そんな状況にありませんか?

無駄な支出をしなくても、どうしても避けられない人付き合いのための支出、病気、けがなどもあります。

入院費や冠婚葬祭、引っ越しなど急にまとまった現金が必要になる事もあると思います。

そんな時は「セントラル」をはじめとした、中小の消費者金融を頼ってみるもの良いかと思います。

会社によって様々ですが、どの子会社も独自の審査基準を設けております。

大手の消費者金融や銀行カードローンでも貸し付けが出来ないと判断された方でも、申込みをしてみる価値はあると思います。

そんな消費者金融を大手から中小消費者金融まで体験を踏まえて紹介していきたいと思います。

  • : 3月3日までに50万円必要です。 病院の治療のためです。
  • : 松井ひより
  • : 50万
  • : 女
  • : 大学生
  • : 20
  • : 兵庫
  • : nogi022hsj0924@gmail.com

Copyright© Debt-Navi , 2020 All Rights Reserved.