【債務整理とは?】債務整理の種類や費用・基礎知識など徹底解説!

投稿日:

「借金が膨らんで自分の収入では返せなくなった」

「返しても利息だけ減るだけで返済が終わらない」

「なんとかして借金を減らしたい」

普通の生活に支障をきたすほど借金でお悩みで、どうすればいいか分からない方は、「債務整理」という方法で解決してみてはいかがでしょうか?

今回は、「債務整理」について種類や費用についてなど徹底的に解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

債務整理とは?

債務整理とは、支払うことができなくなった借金の減額や借金の免除を弁護士や司法書士などの専門家に依頼をして、借金問題を解決する法的手段のことです。

支払うことができない借金を法的な手段で適切に解決すること方法であり、お金を貸した側と借りた側どちらにとっても、債務を整理することは、大切なことです。

債務整理の種類は?

債務整理といっても4つの種類があって、借金の状況に合わせて、どの債務整理を行うかを決めて、借金問題を解決していきます。

この4つの方法について、お伝えしたいと思います。

任意整理

任意整理とは、裁判所を介さずに貸金業者や金融機関などの債権者に対して、返済額の一部を減額や返済方法など、無理のない返済ができるように、貸金業者等に対して交渉することです。

弁護士などに依頼するのが、ほとんどだと思います。

元金が減るわけではないですが、手続き後の利息や手数料が軽減するため、返済の総額が減るため利息の返済に苦しんでいる状況を改善できます。

過払い金返還もこの任意整理で行われます。

任意整理後は、利息がカットされ確実に返済できるようになるため、元金を約3~5年で返済していきます。

任意整理のメリットをまとめると

  • 任意整理後の利息がカットできる
  • 返済期間を長くして月間返済額を減らせる
  • 元金が確実に減っていくため精神的にラクになる

任意整理のデメリットをまとめると

  • 信用情報機関に任意整理した情報が約5~10年間登録される(ブラックリスト入り)
  • 他の任意整理よりも減額される幅が少額

個人再生

個人再生とは、裁判所から借金減額を認めてもらい、債務を大幅に減額してもらう手続きです。

利息だけではなく、元金にあたる部分も減額することができるため、任意整理に比べて減額幅が大きいので、返済が楽になります。

再生計画案という借金を完済するための返済方法や返済金額をまとめた計画案を作成して、裁判所に提出して認めてもらうことで、個人再生が可能となります。

手続きが煩雑であるため、弁護士に依頼するのが、一般的です。

個人再生でも、過払い金があれば、返還手続きをします。

官報に個人再生の事実が公告されたり、ブラックリスト入りするというデメリットもありますが、借金がかなり減額されるメリットがかなり大きいです。

また、個人再生でも「少額規模個人再生」と「給与所得者等再生」の2種類があります。

個人再生のメリットをまとめると

  • 借金の額が大幅に削減できる
  • 家や車など処分せず残すことができる
  • 就くことのできる職業の制限や資格の制限がない

個人再生のデメリットをまとめると

  • 任意整理と比べて。手続きの手間がかかり費用も増える
  • 保証人へ一括請求される
  • 官報へ掲載され、個人信用情報機関に登録される(ブラックリスト)
  • 債権者平等原則が適用され一部のみの返済はできない
  • 安定収入が必要

自己破産

自己破産とは、裁判所に破産の申立てをした後、免責許可を得てから、財産を清算して借金を免除してもらう手続きです。

債務整理の中で、自己破産だけが、金額問わず借金が全額免除される制度です。

手続きは弁護士が行うことがほとんどです。

弁護士が自己破産手続き開始の通知を出すと、取立はぴたりと止まりますので、精神的には楽になります。

保証人、連帯保証人がいる場合、保証人、連帯保証人は免責されませんので、自己破産する前に、保証人、連帯保証人と話をしておくことが、無用のトラブル防止のために必要だと思います。

自己破産のメリットをまとめると

  • 借金が全額免除される
  • 申立ては誰でもできる
  • 収入が無くても手続きができる

自己破産のデメリットをまとめると

  • 持ち家などの一定の財産を失う可能性が高い
  • 官報へ掲載され、個人信用情報機関に登録される(ブラックリスト入り)
  • 自己破産手続き中は、就くことのできる職業や資格の制限がある
  • 保証人に借金の請求がいく(※保証人は免責されません。)

過払い金請求

過払い金請求とは、利息制限法と言われる法律の上限以上の利息を支払っていた場合、クレジットカード会社や金融機関などの貸金業者に対して支払う必要のない利息を過払金として返還請求することです。

過払い金請求のメリットをまとめると

  • 官報へ掲載されない、個人信用情報機関に登録されない
  • 裁判所を介さないため手続きの負担が軽減される
  • 任意整理中は借金を減額できる

過払い金請求のデメリットをまとめると

  • 過払い請求した貸金業者から借入できない可能性が高くなる

債務整理の費用は?

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い請求)の費用はいくらぐらいなのでしょうか?ここでは、各手続きの相場を独自に調査しましたのでご紹介します。

任意整理にかかる費用

任意整理は弁護士や司法書士に手続きをしてもらうので、裁判所への費用は必要ありません。

相場は、独自調査した内容ですので、あくまでも参考程度にご覧ください。

着手金 20,000円前後(1社あたり)
基本報酬 20,000前後(1社あたり)
減額成功報酬 減額分の10%ほど

個人再生にかかる費用

個人再生は、裁判所を介すため、裁判所と弁護士や司法書士への費用がかかります。

相場は、独自調査した内容ですので、あくまでも参考程度にご覧ください。

裁判所費用
郵便切手代金 1,600円
収入印紙代 10,000円
官報掲載費用 12,000円
個人再生委員への報酬 250,000円前後
弁護士・司法書士費用
弁護士費用 400,000~600,000円
司法書士費用 300,000~500,000円

過払い金請求にかかる費用

過払い金請求は、裁判所を介さず、弁護士費用が必要となります。

相場は、独自調査した内容ですので、あくまでも参考程度にご覧ください。

請求する過払い金額:100万円 400,000円~600,000円
請求する過払い金額:200万円 600,000円~800,000円
請求する過払い金額:300万円 800,000円~1,000,000円

債務整理まとめ

債務整理についてご紹介してきましたが、債務整理は、デメリットばかりではありません。

債務整理の手続きを行うことで、借金で苦しんでいた状況が好転して、人生の再スタートすることができます。

借金の状況によって債務整理の内容が変わってきますので、状況を把握して弁護士や司法書士などの専門家に必ず相談しましょう。

借金問題解決に役立てると幸いです。

TOPへ

他に読まれている記事はこちら

債務整理 | 過払い金とは何か 債務整理で借金解決しよう

-新着記事
-, ,

Copyright© Debt-Navi , 2020 All Rights Reserved.