借金解決 | 家計の見直しで収支改善しよう

投稿日:

借金が減らない、また追加キャッシングしてしまった、借金に困っている方の多くは、家計のバランスが悪いです。

なんだか、給与が入っても右から左でお金が消えていく、という方いませんか。

収入に対して、支出が多すぎるのが原因です。

借金解決のためには、家計を見直しましょう。

借金を減らす家計簿とは

よく家計簿を付けましょうとか、アプリで家計簿つけましょうなどと見たり聞いたりすると思いますが、ほとんどの方が、やり始めても続かないか効果が出ません。

そういった家計簿管理ができる方は、最初から収支オーバーになりませんし、借金もそんなにしません。

また、家計簿をつけて、キッチリとお金を管理していくと、かなりストレスが溜まります。

お金の出入りが数値で見えるので、収支の管理ができる反面、収入が低いとか、収入が増えないという現実に、イライラしたり、落胆した気持ちになります。

家計簿は、支出を固定費とか変動費とか難しく考えるのではなく、まずは、何がどのくらい支出として出ていくかを丸めて把握したほうが、やりやすいと思います。

家計簿のツールは、できるだけ、項目の少ない簡単なものがいいと思います。

家計簿をつけるのが、苦痛だとまず続きません。

家計簿でわかる収入

家計簿をつけると、収入源が一本という現実が目の当たりになります。

サラリーマンであれば、賃貸業でもしていない限り、給与所得のみでしょうから、当然なのですが、収入項目に対して、支出項目がやたらと多く感じます。

使うほうは、いろいろな項目に及ぶので、当然なのですが、なんだか残念な気持ちになります。

そして、なんとか収入源を増やしたい思い、副業をはじめてしまいます。

はじめはいいのですが、体力的な問題やプライベートの行事や体調問題などで、あまり副業でも稼げなくて、収入が思ったほど伸びなくなります。

そして、なんのために家計簿をつけているのか、わからなくなり、やめてしまいます。

そうならないように、まずは、簡単なツールを使って、支出を把握してみましょう。

借金解決には、支出面を最初に見直す必要があります。

そうです、出ていくお金を減らすのを最初にすれば、収入を上げなければいけないハードルが下がりますし、支出を下げるほうは、書類の手続きなどで大半ができるので、体力的な問題やプライベートの行事などの心配もありません。

借金問題を解決するには、クレジットカードの使い過ぎであったり、キャッシングのし過ぎというのもありますが、意識していない日常のムダ使いから見直しましょう。

ムダ使い削減で借金問題解決

それでは、家計のどの部分を改善すればいいでしょうか。

支出削減効果が大きいのは、固定費にあたる部分です。

つまり、家賃、車のローン、駐車場料金など持っていると決まった金額の支払いが発生するものが固定費です。

この部分は、削減できると効果が大きいですが、割と労力が掛かったりしますので、まずは、変動費から見直しをしていくのがいいと言えます。

支出削減できそうな項目

携帯電話料金

携帯電話代は、キャリアによりますが、あまり使用しなくても7,000円から10,000円程度は、かかるのではないでしょうか。

パケット代がかさむと、金額が跳ね上がります。

いまであれば、格安スマホもありますし、スマホをやめてガラケーで済ますと、驚くほど月額利用料が下がります。

端末代もかなり高いため、携帯の中古品をヤフオクで購入してSIMだけ入れ替えると言う手もあります。

これだと、端末代がかなり安く済みます。

仕事で必要であれば、会社から携帯が支給されているでしょうし、プライベートでスマホがそんなに必要かどうか、見直してみてはどうでしょうか。

インターネット代

光回線もかなり安い分が出ています。

2年縛りの契約だったりしますが、速度もそこそこのプランであれば、月額がかなり低く抑えられます。

いちど、NTTや携帯キャリアなどのプランを比較してみるのはどうでしょうか。

ランチ代

サラリーマン、OLにとって、憩いの時間のランチですが、高い場合だと、1,000円を超えてしまったりと、罪悪感を持ってしまうくらい使ってしまいますよね。

ランチくらい豪華にしたいという気持ちもわかりますが、支出削減をしやすいのも、ランチ代です。

できれば、お弁当持参にしたり、800円以下のランチにすれば、かなり支出が減ります。

大体、月の出勤日数は、週休2日ですと、20日から22日だと思います。

いまより、一日200円減らせば、4から5,000円の削減で、お弁当であれば、もっと減らせます。

お菓子、ペットボトルのお茶など

コンビニで使ってしまうお金に、お茶とか水があります。

これは、一回が少額なので、その都度、意識しない思いますが、月額にするとかなりの額です。

一回コンビニにいくと、飲み物とお菓子などを買ってしまい、300円から400円くらいは使ってしまいます。

これをほぼ毎日ですと、30日×300円で、9,000円です。

割と、無意識に使ってしまうのですが、ここは、意識すれば、すぐに減らせる部分です。

会社に水筒を持っていくと、効果あります。

生命保険

何気なく契約してしまったりしていませんか。

貯蓄性の高いものなど、保険会社しか得をしない保険も現にあります。

病気の保障という意味では、月額が少額で済む都民、府民、県民共済などもあります。

一度、年齢と保証内容と保険料のバランスを見直してみてはどうでしょうか。

自動車保険

車を持っていると固定でかかる支出ですね。

これは、ネット割であったり無事故割など手厚い保障内容で、費用を抑えたネット損保などがありますので、比較してみてはどうでしょうか。

衣服代

季節に応じた衣服は必要ですが、ユニクロなどを活用したり、ユーズドをネットで買ったりと安く済ませる方法もいろいろとあります。

品質のいいものを何年も着るのも、いいと思います。

電気代

夏場、冬場はエアコンの電気代が高いですよね。

いまは、電力自由化の時代です。

大手電力会社以外でも、安く電力供給されています。

一度、比較してみてはどうでしょうか。

月額数百円は、安くなると思います。

数百円ですが、電力会社を変えるだけど、なにもせず支出削減できるので、おすすめです。

あとは、照明は、LEDにすると、電球の交換代を削減できます。

LEDであれば、何万時間使用できるので、ほとんど交換が発生しません。

普通の電球だと、2,000時間で寿命だったりします。

地味ですが、節約できますよ。

こまめに電源のコンセントを抜いておくのも、待機電力がなくなりますので、電気代削減になります。

水道代

お風呂の水を庭の水まきに使ったり、トレイのタンクにペットボトルの水を入れて給水量を削減したり、風呂の回数を減らして、シャワーで済ますなど、上水の利用が減ると、下水料も減るので、地味ですが、支出は減らせます。

収入アップで家計改善

支出削減をやり切ったあとは、収入アップに取り組むと、家計改善効果が高いです。

収入と支出の合計をみて、いくら削減して、いくら収入を上げればいいのか、目標を持ちましょう。

借金問題解決には、家計の見直しが必須ですが、無謀な目標や数値は、絶対に続きません。

借金完済ができる間、家計をきびしく管理するのであれば、がんばれると思いますが、これが終わりなく続くのは、とてもつらいものがあると思います。

それこそ、出口が見えない苦しさになります。

身の回り品の売却

継続収入ではありませんが、メルカリやヤフオク、ブックオフなどのオークションや買取屋に、ユーズド品を売ることで、一時金になります。

なれれば、転売などで継続収入を得る方法もあります。

副業をする

会社員でも副業可能な会社が増えています。

ウーバーイーツなどの配達の仕事や警備員、コンビニなど、アルバイトならば、時給単価で選べると思います。

または、専門性を活かして、クラウドワークをするのも手だと思います。

業務委託で仕事を受けて、納期までに作業をすることで、割と稼げるようになる可能性があります。

ただ、会社員であれば、本業に支障のない範囲にとどめるのが、無難だと思います。

本業をおろそかにして、リストラなんて洒落にならないですよね。

転職する

転職して年収が上がれば、一気に家計改善、借金問題が解決できる可能性があります。

ただ、年収が上がる転職ばかりではありませんし、新しい職場になじめないというリスクもあります。

その場合、また転職することになり、短期間に転職回数が数回あると、良い転職は難しくなります。結果、年収が下がることにもなりかねません。

転職は慎重にしましょう。そして、転職するならば、年収が上がる転職をして、絶対に成功させることです。

借金解決 家計見直しまとめ

借金額が大きくなると、精神的につらいですよね。

まず、家計の見直しをしてみましょう。

まずは、できるところから支出の見直しをしましょう。

そうすることで、クレジットカードの使い過ぎやキャッシングのやりすぎもハッキリします。

支出が減れば、借金解決が見えてきます。

 TOP

-新着記事
-,

Copyright© Debt-Navi , 2020 All Rights Reserved.