債務整理 自己破産とは | 自己破産のメリットとデメリットをご紹介

投稿日:

自己破産と言いますのは、同時廃止事件か管財事件かに区別されます。

申立人に現金化できるような財産が無い場合は、同時廃止事件、それ相当の財産を持ち合わせている場合は、管財事件ということになります。

債務整理が注目を集めるまで、個人の借金整理と言うと、自己破産が主流でした。

過払い金が注目を集めるようになり、消費者金融からお金が返されるようになったのは、ほんの数年前からのことなのです。

自己破産というのは、裁判所からの免責許可という形で、借金の返済から解放されることです。

しかし、裁判所から免責を受認めてもらえない事例も珍しくはなく、クレジットカードによる現金化も免責不認可事由です。

自己破産を弁護士に依頼する理由

借金返済ができない状態になった場合は、債務整理を急いで進めるべきでしょう。

債務整理に取り掛かると、すぐに受任通知という文面が、受任弁護士から債権者に向けて送られ、借金返済が、しばらくの間中断されることになります。

精神的に少し余裕が持てるのが、このタイミングです。支払督促が止まるだけで、すごく楽になったと、経験者から何度も聞きます。

自己破産のメリット

自己破産を宣告しますと、借金の返済自体が不要になります。

これに関しては、裁判所が「当人が返済不能状態にある」ということを認めることで、実現します。

これが、自己破産の最大のメリットではないでしょうか。

支払督促や強制執行も止まります。

生活に困らない程度の現金はなくならないので、再起を図れます。

これらが、自己破産のメリットです。 

自己資産のデメリット

自己破産には、厳しい基準があります。

なんでもかんでも免責するということではありません。

自己破産には、免責不許可事由があり、浪費、ギャンブルによる借金の免責が認められない可能性があります。

気を付けたいのは、自己破産をすると、自己破産をした本人は借金地獄から解放されますが、保証人になっている人は、保証から外れるわけではないので、借金返済の義務がなくなるわけではない、という点です。

ここは、気を付けたほうがいいです。

金融事故情報が個人信用情報に登録される

金融事故として、個人信用情報に登録されます。

これにより、いわゆる金融ブラックになりますので、登録後、5年から10年はクレジットカードが作れなかったり、新規の借金が組めなくなります。

中には、金融ブラックでも貸しますよ、という金融業者もいますが、そういう業者は、間違いなく、闇金かソフト闇金ですので、借りてはいけません。

またすぐに、借金地獄に戻ってしまいます。

官報に公告される

自己破産の事実は、官報という政府の機関紙にて公告されます。誰にも知られずに、自己破産をするのは、難しいです。

金融業者は、この公告をよく見ていますので、闇金とかソフト闇金とかがFAXDMを送ってきたりしますが、無視しましょう。

資格制限

自己破産には、手続き中は、資格制限があります。自己破産をした場合、免責が認められるまでの間、弁護士や宅地建物取引士など複数の職に就けないことになっています。

ただ免責が決定すると、職業の縛りはなくなります。

財産処分

自己破産をすることになれば、自宅だったり車に関しましては、手放すことになります。

ただ、借家にお住いの方は、自己破産をした後も住んでいる借家に住めるので、暮らしそのものは殆ど変わりません。

保証人は免責されない

自分が自己破産したとしても、頭に入れておいてほしいのは自己破産せざるを得なかった人の保証人は、債権者から返済追求されるということです。

そのため、自己破産をしようと考えている方は、前もって、保証人に状況を伝える必要があります。

保証人に知らせずに、自己破産手続きを進めてしまうと、トラブルに発展すると考えられます。

クレカの現金化は免責不許可の可能性

注意が必要なのは、免責が承認されない例も増加していて、「クレジットの現金化経験あり」も免責不認可理由だと、理解しておいてください。

過去にカードの現金化をしてしまっている方は、注意してください。

自己破産は弁護士に依頼しよう

債務整理を行うとなると、弁護士などの法律の専門家に依頼しましょう。

手続きは煩雑ですし、借金で精神的に参っているところに、慣れない法律用語や書類の準備など、心が折れてしまいます。

もちろん弁護士であったら誰でもいいというものではありません。

弁護士の先生にも専門や得意分野というものがあります。

破産や過払い金などの債務整理、借金問題に強い弁護士を選定していただきたいです。

債務整理まとめ

いかがでしたでしょうか。

債務整理の方法のなかでは、根本的に借金問題を解決できるのが、自己破産です。

借金が免責され、無くなるのですから、いわば、最強の方法です。

ただ、連帯保証人などには迷惑をかけてしまうので、配慮が必要ではあると思います。

では、なぜ、自己破産するまでに借金が増えるのか、その原因を知り、生活態度を改善しないと、また借金地獄に逆戻りしてしまうかもしれません。

まず、クレジットカード依存が原因である場合が多いです。

多重債務に陥る原因だと考えて間違いありません。

クレジットカードに関しては、一括払いのみと決めて使っているのであれば、心配ないと言えますが、リボルビング払いにすると多重債務にはまり込む要因とされています。

なぜなら、返済してもほとんど原本が減らないからです。

それほど、リボ払いの利率は高いです。

安心してください。

再び借金地獄に陥る原因のカードですが、自己破産すると、クレジットカードが作れなくなります。

自己破産しているのですから、それくらいは当然ですが、キャッシングが不可能になることは、初めは不安でしょう。

でも大丈夫です。

キャッシングのない生活でも、何ら不自由しないことを再認識すると思います。

借金がいっぱいあると、返済する為の資金繰りばかりを考えるようになり、普通のことがまともに手につかなくなります。

借金がなければ、他のことに思考を集中できます。

カードがなければ、買い物も浪費もあきらめられます。

それらはぜいたく品です。

無くても生活に困らないはずです。

借金解消で明るい未来を

自己破産をすると、手持ちの資産のほとんどが、売却されたりと、債権者に配分されます。

ただ、資産が少ない方は、自己破産をしたところで、そもそも財産がないとしたら、失うものもほとんどありませんから、ダメージは比較的少なくて済むはずです。

明るい未来に向けて、早めに一歩を踏み出しましょう。

出来るだけ早く債務整理することを決めて、借金問題を克服してくれたら嬉しいです。

TOP

-新着記事
-, ,

Copyright© Debt-Navi , 2020 All Rights Reserved.