おまとめローンのメリット/デメリット

投稿日:2019年4月19日 更新日:

複数から借り入れを行っている人、毎月の返済がきつくなってきた人は一度は「おまとめローン」の利用をおすすめされたり、利用しようと考えたことがあるのではないでしょうか?おまとめローンの仕組みやメリットデメリット、審査で重視されるポイントを考えてみました。

おまとめローンのメリット

借入額が減少できるかも

複数から借り入れを行っている場合、例えば10万円を4社から借りていると10万円の最低返済額×4社分となります。

しかしおまとめローンの仕組みを利用してまとめると、40万円借り入れの最低返済額での返済として計算し直されます。

このため、おまとめローンの仕組みを利用することで毎月の返済額を減らすことが可能となっています。

返済日が統一される

複数からの借り入れでは返済日も複数存在します。

遅延することは個人の信用情報が悪くなるという仕組みがありますので、そのような危険をなくすためにも、返済日を忘れないためにも返済日を統一することは意味があります。

利率が下がる

消費者金融や銀行のカードローンでは、少額の借り入れよりも多額の借り入れの方が金利は低いという仕組みになっています。

そのため、少額の借り入れを複数返済するよりも、おまとめローンを利用して多額の借り入れ1つにした方が、利率は下がる仕組みです。利率が下がることで、全体の返済額も減らすことに繋がります。

おまとめローンのデメリットは

おまとめローンの仕組みや、そこから確認できるメリットについて紹介してきました。しかし、おまとめローンの仕組みにはまったくデメリットがないということではありません。おまとめローンを利用することでデメリットが起こるケースもあるため、そのことについて紹介します。

金利が安くならないこともある

複数から少額の借り入れを行うよりも、おまとめローンで1つで多額の借り入れを行った方が金利は安くなる仕組みがあるという紹介をしました。しかし、おまとめローンをした時に金利がそれほど安くはならないといったケースも存在しています。それは「貸し倒れリスクの高さ」に由来しています。

おまとめローンでは金利が安くなるという仕組みだと聞いていたのに、思ったよりも安くならなかった、という人は貸し倒れになる危険があると判断されたため、高い金利で貸し出されているのだと考えられます。

おまとめローンをおススメする人

消費者金融を複数利用している人

貸金業法の消費者金融で少額の借り入れを繰り返し、複数を利用していて自分でも全体像をよく把握していない人です。

こういった人は返済日も忘れることがあってトラブルになったりすることもあり、また複数を少額で利用していることで無駄に高い金利を支払っている可能性があります。

おまとめローンを利用することで、返済額を減らすことができる可能性が高い人です。

複数からの借り入れの返済が厳しい人

複数の消費者金融などから借り入れを行い、その毎月の支払いが厳しく難しくなっている人です。

複数からの借り入れをおまとめローンで1社にまとめることで、毎月の最低返済額を下げることができるため、結果的に月々の返済額を減らすことができる可能性が高いです。

しかし本当に楽になるのかどうか、おまとめローンを申し込む前に相談してみましょう。

複数からの借り入れをおまとめローンで1社にまとめることで、毎月の最低返済額を下げることができるため、結果的に月々の返済額を減らすことができる可能性が高いです。

しかし本当に楽になるのかどうか、おまとめローンを申し込む前に相談してみましょう。

-セントラル

Copyright© Debt-Navi , 2019 All Rights Reserved.